君の膵臓をたべたい


焼き肉を食べながら火葬はイヤだと話す彼女

「膵臓はキミは食べてもいいよ」

人に食べてもらうと魂がその人の中で生き続ける

きっとキミの膵臓はキミのカケラが1番残ってる
キミの魂は騒がしそうだ

「これからどうするの?」
「未来って意味?わたしには持ち合わせがないよ」

言葉は往々にして発信した方ではなく受信した方の感受性に意味のすべてがゆだねられている

生きるとはきっと誰かと心を通わせること

上記は文中よりの言葉


言葉は受信した方の感受性に言葉の真意があることもある
本人が気がつかずに隠した真意とか
そんなものは時として
発信した方もその時に気がついたり


悪いところを人に食べてもらうと魂がその人の中で生き続ける

わたしは誰にも食べて欲しくない

生きてる側の残された側は

きっと幸せなのかもしれないけれど

たぶん

幸せよりも切なく悲しく苦しいことだと思うから

JUGEMテーマ:読書

コメント