夜と夜



「夜と夜」


夜と夜の隙間に

ちょっとだけ灯りが落ちる


感覚と心が応えをだす



夜と夜の隙間には

蓋のカギが落ちていて


開けたい蓋はどれですか



夜と夜の隙間に

漂う空気が誘うのです


内緒にしてあげるからと


ポッカリとあいた空っぽを

放つ瞬間を

心で涙する瞬間を




夜と夜の隙間で

ほんのり灯りを灯して


見える世界はどれですか





闇に紛れて

溶けたいのです


いつの日か